· 

淡路島の鱧(はも)に魅せられて①

配信ページより掲載
配信ページより掲載

こんにちは~🌸引き寄せの法則の専門家、淡路島のたなかはなえです🤗

今回は、私も最近食べて良かった今が旬の食材の紹介です。

夏の暑さに負けない淡路島の美味しいものを見つけました。

淡路島も産地として有名な【鱧】の食材、たまにはこういった栄養のあるお魚を食べるのもいいですよね。

いままさに夏の旬と言ってもいい、淡路島の【鱧】について色々と知りたくなって調べてみました。       

                   

【鱧の産地】

まず鱧の産地について、和歌山県の紀伊半島南や愛媛県、徳島県、山口県、長崎県等といった西日本が中心となっています。

その中でも特に、明石港や淡路島は鱧の産地として非常に有名です。

鱧の生息地から調べてみました。

鱧は温かい海水を好むため海岸部でも南側に多く生息しています。

日本でいうと、西日本海や紀伊半島よりも南の関西地方や瀬戸内で多く漁獲されるそうです。

(鱧の旬と産地より、の掲載よりお借りしました。)

 

関西にお住まいの方にとっては比較的身近な食材だと思いますが、関東ではなかなか手に入らない珍しい食材とされています。

そんな鱧には、最も美味しいとされる旬というのが年に2回あることをご存知でしょうか?

 

それでは、最初の旬とは、6月~7月の初夏の時期です。

もう1つの旬は、10月~11月の晩秋の時期です。

 

鱧の旬が年に2回ある理由は、産卵の時期に関係しています。

 

 

ではこの旬の2回あるうちのどちらが栄養があり、また鱧にはどのような効能があるのかは、またの機会にお伝えしますね。

 

私が最近淡路島のスーパーで買った地物の鱧はこちらの【湯引きした鱧】。

添えられている【からし酢味噌】でいただきます。

 

夏にはピッタリ、夏バテ気味の方にもおすすめの逸品ですね。

あっさりとした湯引きの鱧は手間の掛かる骨切りをしてくれていて食べやすく、酢味噌が相まって食欲を増進します。

ちなみに鍋料理にもおすすめの食材です。

 お店では、鮮魚のコーナーに行くと、生の骨切りした状態と、食塩を入れて茹でた【湯引き鱧】の2種類が売られています。

どちらも1パックの価格は同じ位です。

グラムでだいたい決まっていて100グラムぐらいの単位ですかね。

600円~800円位で売られています。

(地物)なので、それなりの価格となっています。

 

4人前からのセットならこちらからクリックしていただけるとお買い求めの画面に移ります。↓

ギフトとしても喜ばれますね。

 

今回も読んでくださってありがとうございます。

貴方に良き引き寄せが雪崩のごとく起きますように。

 

【淡路島の鱧】のアフィリエイトがないのかな?と思って見ていたら、ありました、ありましたよ。

楽天さんのアフィリエイトでは、こういった鱧の紹介がありました。

良かったら参考になさってみてくださいね。