自分の才能を見つけたい方へ

私の人生に拍車をかけてくれた本を紹介します
私の人生に拍車をかけてくれた本を紹介します

私は小さい頃にこれをしたいなぁ、って思ったことがあります。

そんなに自由に漫画の本を買えた訳ではありませんから、長いこと読んでいなかった漫画の本を最近読みました💕

 

ひとりひとり好きなこと、そう、小さい頃に思い描いた「あこがれの思い」とか「あっ、ああいう人になりたい……」「あの人のしている仕事をしたい」沢山のあるなかで自分がワクワクするようなものってあると思うんです。

それと、なぜかこれをしてみるとやったことも無いのにスラスラ出来てしまうとか、やってみたら人から「すごいね」って言われてみたり……。

そんな事もあるかもしれません。

自分ではなかなか見つけることも難しいかもしれません。

 

私の場合ですと、こういう漫画の本を読んでいると、大体ですけど主人公に私がなりきってしまっていろんな感情を味わうんですね。

この「ちはやふる」に出てくる主人公は「カルタ取り」の天才なんですが、

読んでいると、その主人公の情熱にひかれますね。

私も主人公になりきって、昔の自分が熱中していた頃の年代がよみがえりますね。

一球入魂って言う言葉を思い付いたんですが、中学や高校の時に良く耳にしたり目にした言葉です。

とか何十冊もの本をみんな良く読んでいましたよね。

今ならアマゾンでセットで安く買えますね。

 

みんなひとりひとり才能っていうものを持って生まれて来ているそうなんです。

自分の才能を見つけるには、このような漫画の本を見るのもいいそうですよ、カウンセラーの先生が教えてくれました。

 

そうやって、私が漫画の本を何十年かぶりに読み出して間もなくうちの息子(当時中学の初め頃)が私と同じように【ポケットモンスター】のシリーズや【NARUTO】の漫画を買って読み初めました。

 

自分の時間を私も息子も持ち初めてからはお互いに自由な時間を満喫しているのでそれがストレス発散になっていたのかもしれません。

それから以降は私と息子の距離もちょうどいい関係を保ったまま今もほぼ続いています。

 

高校生になった息子は最近、昔漫画を読んでいたおかげもあってか、同じように漫画が好きなお友達がいて、共通した考えを持った友達もいると、やっぱり学校生活も楽しいようです。

 

この漫画【ちはやふる】は、小倉百人一首かるた競技を舞台に展開しているのですが、主人公の千早は天才、ずば抜けた才能の持ち主である。

 

天才とは、天からもらった才能、とカウンセラーの先生から教えてもらいました。

誰でも何か得意なことなどはあると思います。

私は50代になってから再び漫画を読んで楽しいひとときを味わいました。

そして、今こうして先生から教えてもらった事を記事に書かせて頂いているのも何かのご縁だと思います。

あなたも何かに興味をお持ちなら、自分の好きなことを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

未来がもっと開けてくるかもしれませんね。

 

そしてぜひ、自分の才能を見つけることもされてはいかがでしょうか。

 

いちばん熱い部活がここにある。

私の人生に拍車をかけてくれた本を紹介します
私の人生に拍車をかけてくれた本を紹介します