人生を変えたい方へ

 5年前の6月、淡路島の伊弉諾神宮へ家族と行った時、お守りを買うときに横にあったこの【古事記のものがたり】の本を目にしました。

私は中をパラパラとみて、漢字にルビがふってあって少し分厚目の本ですが読みやすそうなので買いました。

数日後、いつもお世話になっているカウンセラーの先生の所へ持っていきました。

(私は何を思って先生の所へ本を持っていったのかいまだに覚えていないのです。)

そして、この【古事記のものがたり】の本を先生に見せたとき、すごく驚いて、「この本、どこにあったんですか?」って単刀直入に聞かれたんです。

私は、「はい、淡路島の伊弉諾神宮に売っていました。」って言ったら、先生は、

 

「僕はこの本を探していたんですよ。どこを探しても売っていなかったから。」

って言ったんです。

私もビックリしました。

(えっ、本屋さんに普通に売っていると思っていたのに。)

ということは、私は貴重な本を買ってよかったな、って思いました。

後から分かった事ですがこの【古事記のものがたり】の本は、実はカウンセラーの先生からオススメされる本だったんです。

(うわぁ、すごい本見つけちゃった。)って喜びました。

それからは毎日この【古事記のものがたり】

の本を読みました。

この本をカウンセラーの先生から、毎日読むといいと教えてもらいました。

結局、今に至る5年間の間に87回読みました。

(それだけ時間があったんですよね。)

 

それもそのはず、私はまだ小学生の息子と家にいる家族と過ごしていて、仕事はしていませんでした。

当時私の心身の状態も良くなかったんです。

体のほうは漢方薬を服用しながら、心のほうは、外出するのもおっくうで、でも、働ける状態なのに仕事も探しに行こうともせずにずっと家にいました。

考えることは、子供の心配や不安にかられていました。

家族も、体に障害のある親を含み軽い介護のような世話を私がしなくちゃいけない、と思い込んで生活していました。

 

ちょうどそのころから沢山の本の紹介をして頂きました。

色々な本を紹介頂きましたが、この【古事記のものがたり】が一番読んだ回数が多いんです。

もう内容も覚えるくらいになっています。

 

ちょうどこの5年間くらいの間に変わった事と言えば、そうですね、まず子供の事を心配したり不安に思ったりしていたのがずいぶんと減ったこと。

体に障害を持った家族に依存していたのが、全くではないですけど、それも減ったこと。

それから、仕事もするようになって、しかも2年も続けて働いていること。

体の調子も良くなって、漢方薬とかも減りました。

薬代がずいぶんと減りました。

心の調子も、そうですね楽しいことを考える時間とかいっぱい増えて、それから将来の目的とかできたこと。

 

未来の事を考える時間とか多くなって心がわくわくする時間も長くなったこと。

子供と家族に対しては信頼している気持ちがあるから心配は減っています。

そう言えばなぜかいいことがいっぱいなんです、と言うよりは、悪いことや困ったこと、悩む問題や苦しいことが起きていないんです。

 

本を読む事すらしなかった私が、本を読んでいる事がすごいことだと思うんです。

あなたもよかったら日本の神話に触れてみてください。

 

【古事記のものがたり】

著者 小林晴明 宮崎みどり

 

稗田の阿礼が語る ゆかいな日本の神話

 

 

※この本は、書店では販売しておりません。

私は、淡路島にある伊弉諾神宮で購入しました。

伊勢神宮その他、著者が全国のご縁の頂ける神社の社務所において頂けるようです。 

  

【古事記のものがたり】

この本は、書店では販売しておりません。

(販売しているところ)

著者    小林晴明・宮崎みどり

発行所   サン・グリーン出版

発行者   小林 明

〒585-0005 大阪府南河内郡河南町大宝1丁目22-3

tel           0721-90-3669

fax           0721-74-5525

Eメール  izanami@mvb.biglobe.ne.jp

ホームページ http://www5c.biglobe.ne.jp/^izanami/