人間関係の不得意な方へ

 私が勤めている職場に入った当初、喉が渇いたので、食堂でお茶を飲んでいました。

私はまだ知らなかったので、少しならいいかなと思い、座ってお茶を飲んでいました。

本当は座ってはダメであって、立ち飲みしか出来ない。)

そこへ、年配の(お局さん的な人)従業員が入って来ました。

Oさんとしましょう。

Oさん入って来ました。私にこう言ったんです。「そんな、座ってお茶を飲んでもいいって、誰か言った?」

私は、あわてて「すみません。」とあやまり、仕事場へそそくさと戻って行きました。😬😬

それ以来私は、その人と顔を合わすのがすごく嫌でした。😭😭

 

月日は流れある時、そのOさんが先に帰る所でちょうど会ってしまいました。😣

その時はOさん、気分が良さそうにしていました。😌

私はOさんのもっているカバンに目を引かれ思わず、カバンを見て「おしゃれなカバンですね.」😏

どこで売ってるんですか?って、言ったんです。

Oさんは気分が良く「こんなの安物だし、その辺に売っているやつ。」って、軽く会話ができたんです。☺😅😅

 

それからの私はもう、そのOさんに対しては何のストレスもなく自然に笑顔で挨拶も出来ます。😃😃😃

ふだんはこわい人と思っていましたが、その人をほめたら、こんな爽やかな会話ができるとは思ってもみませんでした。

私は、この「人をほめる」事が出来たことによって、相手の人から爽やかな返事が返ってきたこと、これには感動しました。

その日はとても良い日になりました。😘

後で気づいたんですけど、今まで人を(家族を含めて)褒めた事のない私が、人を褒めて相手の人が今までと違った風に見えた。

 

それは今から2年ほど前に、私はカウンセリングを受けるようになり、そのカウンセラーの先生から一冊の本を紹介されました。

タイトルは、「人を動かす」著者は、デール・カーネギー

この本は、人間関係全てにおいての問題や悩みに対応している原則付きの本です。

ぜひ皆さんにも一度読んでみて頂きたいとても役に立つ本だと思います。🤗🤗🤗